気まぐれに東塾長か答えるコーナー

インデックス

投稿コメント

発信人私は先生に政治家の匂いを感じました。実際に私は政治家の下におりましたが先生にはそれ以上のオーラを感じます。議事堂でわいわい論争を繰り返すだけが政治家では無いと思います。先生のように十年先二十年先の若者を社会体育を通じて育てていくのも立派な政治だと思います。
近いうちに是非塾生となり先生の思想を五臓六腑で体感したいと思っております。押忍!

RE:

塾長坂本竜馬に憧れていた若い時は、70年安保に触発された血の気の多い多くの同世代がそうであったように、政治家というより日本の政治を変える改革者たらんと思ったものでした笑。実際に政治の勉強会に参加したり、勧められ行動に移そうとも思ったりもしました。その後「今、先生が大道塾を離れたならどうなるんですか!」と弟子に反対された事も理由の一つですが、大道塾を始めて10年ほどして、日本の政治を知れば知るほど「政治家になること=利権」という社会の視線を感じ「俺には耐えられないな」と政治への憧れは消えてゆきました。
そして、「長い仕事だろうが、国を立て直すのは政治より人材育成ではないか」と考えを改め、この道に骨をうずめる決心が付きました。そして20年がたった訳ですが、日本だけでなく世界からの強い手応えを感じるにつけ、遠吠えかも知れませんが(笑)その選択は間違ってなかったのかなと感じているこの頃です。 (掲載日2010.5.26)

塾長のコメントに対するRE:

発信人3先生、そのお考え自体が真の政治思想なのだと思います。 遠吠えなんて事は絶対にありません。江戸時代末期に私塾を立ち上げた偉人達の発想もまさにそれだと思うのです。  生意気言いまして申し訳ありません。押忍(投稿日2010.5.29)

塾長のコメントに対するRE:

発信人2先生の判断は極めて良識的で穏当と思います。理想に燃えて政治家になった人達が、現実の前で妥協し、変節し、当初の志の片鱗も持たなくなっていくのは、悲しすぎるものがあります。 時間はかかるかもしれませんが、人材育成が最良の道とは思います。それを考えれば、不幸な境遇にある子供たちに無償で空手を教える等の動きが大道塾内部から起こってきてもいいのではないかとも思います。(投稿日2010.5.30)


この文章についての感想をご記入ください。なお、記入いただいたコメントはこのサイト上で匿名にて公開する場合があります。

インデックス

本サイトに掲載の記事・写真等の無断転載を禁止します。
Copyright(C) KUDO ALL JAPAN FEDERETION DAIDOJUKU. all rights reserved.

close