塾長コラム  ›  インデックス  ›  21

「老骨に鞭打って(笑)」

「塾長スパー動画、予想通り、みんな驚いてますね。」

「驚いてる」って“人間機関車”(懐かしい言葉だ笑)が、化石燃料使用反対の声に押されて十分に供給できず馬力がでないためか?もしくは車体・車輪の摩耗によりガタピシしてるからか笑。この動画を見てどう思うかはそれぞれだと思うが、以前、63歳で9段の審査を受けた組手シーンが紹介されたなら、ドッカで「東も遂にこんなことをするのか。どうせ弟子は遠慮してるだけだろうに〜」にみたいな反応が、塾内(※)外からあったと聞いた。

※:内からの声としては「塾長はこんなことしなくても、過去の輝かしい実績や、不本意な結果でも、今は実際の試合映像で見れる時代になり、実力は誰しもが認めてるんだから、今更‥‥」という好意的なものから「塾長もTの仕事にも繋がる、セールストークに煽られて、イメージダウンするのも考えないで・・・」等というものまである。しかし、前者には「そうだろう、そうだろう」とニンマリしても(笑)、後者の「空道を盛り上げよう」として“格安”で働いていてくれる人間達 m(__)m が、逆に攻められるようなことになっては可哀想だ。聞き捨てならない!!

そんなこんなで「なぜ俺がこんな事をするのか?」は、いつか書かなくてはと思ってはいたんだが、できなかった事情を絡めて…。“総本部”は傍で見てるほど運営は楽じゃない(※)。為に、相も変わらず“少数精鋭”で切り盛りせざるを得ないから、それこそ小遣い社長として、日々の雑用に追いまくられてる。そんな身としては、半分「なに言われようが、そんなことは今しなくてはならないことじゃない。それより国内外からの、様々な事象に対応することは“今”必要なことだ」と思ってたのだが・・・・。

※:ある古参の塾生に「空道が国内外にこれだけ広がってれば‥でしょう」などと言われて「現実はボランティアみたいなもので、あなたの考える十分の一でもないよ〜」といったなら「俺だって事業してるから分かるよ〜」と来た。「ああ、分かってくれたんだな」と思ったなら、真逆な皮算用をされたみたいで腰を抜かした。「いや〜」というと「俺を馬鹿にしてるの!!」とくる。「俺はそんなに甲斐性がないのか〜」と返す言葉もない。

閑話休題。今回の動画について、またぞろ(又候)、色々な声が聞こえてきたので、言い訳でも年寄り自慢でもなく、その理由についてそろそろ書き留めなくてはとなった次第。くそ〜!このくそ忙しい時に〜〜。

昔の選手時代を知ってる人間から見たなら「何で今更、こんなヨタヨタしてる映像を晒すんだ!」という声もあると思うが、俺は「はみ出し空手」の巻末(P218)で、

「単なる“我儘”や、チョッと有名になったからと「その気になって“独立”する」のではなく、50歳,60歳になってもできる“武道スポーツ”を確立する為だ。(中略) 実行しようとしてもできなかったなら、何もしないと同じだ。今後の生き方を見据えていただきたい。云々」

と大見得を切った以上、その年になったなら「俺は言ったことを、チャンと実行したぞ〜!」と証明する義務があると、ずうと思ってきた。運動選手なら誰しも自分のことは過去の全盛時の姿で封印したいもので、それはそれでいいと思う。しかし、俺の場合は、かつての団体での歩みを期待してくれていた人たちに対して、ある意味、信頼を裏切ったかもしれない”過去”がある以上、それは避けてはいけないことだと思っているからだ。

「いや〜俺も上に反発して別なことをやろうと思ったけど、実際自分で初めて見ると、思ったようにはできなかったよ」とは言いたくなかった。そして、これが東孝67歳11か月の組手であるの姿である。どう評価されるかは知らないが(※)、一応、「それなりに頑張ったな」とは言っていただけるのではないだろうか(m(__)m。

しかし、そんな辛気臭い話を離れても、この「勝手な“義務”」かもしれないが、があるから、この年でも汗を掻かなきゃならないし、お陰様で、終わった後の毎日の飯もビールも美味いんだ(笑)

※「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与からず我に関せずと存候」(勝海舟)

(第二稿2016.05.02)

このページの上に戻る

本サイトに掲載の記事・写真等の無断転載を禁止します。
Copyright©大道塾